FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「オペラ座の怪人」とパイプオルガン@武蔵野市民文化会館

2011/02/09
11_209_1.jpg

1925年の「オペラ座の怪人」のトーキー映画に、オーストリア人のオルガン奏者である、フランク・ダンクザークミューラー氏がパイプオルガンで、活動弁士の様に即興演奏を重ねて行くというコンサートに行きました。


オペラ座の怪人は、過去に何度も映画化され、私が見た作品は、怪人と女性歌手と恋人との微妙な三角関係っぽい、ロマンチックな設定だったんだけど、この怪人は怖い~!!
クリスティーナも、ただ怖がるだけだし、最後に怪人は皆に袋だたきに合うしw。ただ、割と原作
に忠実らしく、この頃は純粋な怪奇映画だったんでしょうね。
豪華な舞台セットと、モノクロのトーキーが、今では出せない何とも言えぬ味わい。しかも、芝居がかった演技に、厳かに流れるパイプオルガンが絶妙にマッチして、面白いコンサートでした。
奏者のフランクさんも、少し格好良かったしw

思えば「オペラ座の怪人」は、昔NYに行った時に、初めて見たブロードウェイミュージカルでした。豪華でロマンチックで、それは美しい本場ミュージカルにいたく感激して、いろいろ買い込んだ記憶があります。
しかし、私が一番泣けたのは、宝塚版の怪人だったりして(笑)。
宝塚版の元になったアーサー・コピット版は、一般的なアンドリュー・ロイド=ウェバー版とは全く違い、怪人であるエリックの人間性を深く描いて、哀れみを誘い女性好み。
そして、そこは宝塚。怪人がえらくカッコいい~!ありえへん(笑)
名作がどんどん形を変えて、それを見比べるのも面白いかもしれませんね。


11_209_2.jpg

余談だけど、武蔵野文化事業団の企画とチラシは面白い!
手作り感満載で、文章だけで行きたくなってしまう、言葉の魔法(笑)しかも、安いし。
多分言葉に踊らされて行く人が、結構多いと思うw。脅威の完売率らしくて、企画の勝利ですね。
03:34 アート/映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。