FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ダライ・ラマ法王による東日本大震災犠牲者四十九日特別慰霊法要@護国寺

2011/05/09
4月29日に、ダライラマ法王による49日の特別法要があるというので、護国寺に行ってきました。28日が被災発生後49日目にあたり、丁度ダライ・ラマが日本にトランジットするために、滞在を延ばし法王による特別の法要が実現したのです。
若い頃、インドのダラムサラを訪れ、ダライラマ法王の大ファンになった私は、もちろん参加です!!
ダライ・ラマ法王による東日本大震災犠牲者四十九日(七七日忌)特別慰霊法要

この時期の護国寺は、つつじが咲き、なんとも清浄な空気が流れていました。好きだなあ、この寺。法王は大人気ですので、セキィリティチェックは、長蛇の列。老若男女幅広い層の人が集まっていました。
 2011_508_1.jpg
中央通路から、日本の僧、チベットの僧、そしてダライラマが!

2011_508_2.jpg
(ブログより掲載)
2011_508_3.jpg
本堂前の広間に、でかいモニターが4台設置されていました。場所が悪くて、法王は少ししか拝めなかったけど、ご自身による生お経が聞けるのは、滅多に無い機会です。ありがたや・・。
日本の僧とチベットの僧が共同で法要をします。同じ仏教徒が、宗派を超えて集まるのは、良いですね。

チベットの法要の間に、お焼香をする事が出来ました。この震災で亡くなった方達に、そしてこれからの復興をお祈りしました。一緒に行った友人は、三日前に猫が亡くなり、それも一緒に祈れたようです。

最後は、日本なので般若心境を皆で唱えました。皆の声が境内に響き渡り、何とも言えない荘厳で心地いい雰囲気に満たされて、私自身も癒されました。普段は、無宗教だけど、祈りは心が落ち着きますね~。

2011_508_5_20110509022104.jpg
(HPより掲載)           

その後に、法王によるお話。長いですが訳を貼付けます。
法王談話の日本語訳

「もしも改めることができるなら、憂うべきことなど一体何があるのだろうか。
もしも改めることができないのならば、憂うことで一体何の役に立つというのだろうか。」

この言葉を、じっくり考えようと思います。

その日の動画(YOUTUBE)

2011_508_4_20110509022104.jpg
護国寺本堂の天井の飛天。素敵です
02:23 日々の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。